施工管理はどんな仕事?転職を考えているなら資格の有無はとても重要です。実務の難易度なども含めた施工管理の仕事内容についてお話します。
Show MenuHide Menu

Category Archives: 指揮をとるまでの道のり

施工管理の現場に立つにはどうすれば良いですか?

2017年11月20日

施工管理技士といっても、分野は多岐にわたります。

転職活動の時期を含め、計画的であることをおすすめします。

どうステップを踏むべきかお話ししましょう。

■まず自分の目標・進路を決めるところから。

施工管理技士といってもその種類は多岐にわたります。

土木施工、建築施工をはじめ、管工事施工、電気工事施工などがよく知られているところです、庭園をつくるために必要な造園工管理などもあります。

将来の自分のめざすところにあわせて、複数の資格を最初に取得する人もいれば、単体の資格で現場に立ち、あとはその後の成り行きで資格取得にチャレンジする人などいろいろです、

■現場で指揮を執るには1級の資格取得が必要。

施工管理技士には、1級と2級の2種類の資格があります。

現場に立って工事の指揮を執れるようになるには1級の資格が必要なので、それなりのステップを踏むことが求められます。

まず2級を取得し、施工管理技士の補佐役を務め、その後、キャリアを積んでから1級にチャレンジしましょう。

いずれにしてもそこまでの経験がないと、1級の資格を取得しても現場では思うようになりません。

■自分の目標にあわせて施工管理技士のジャンルを決め、2級の取得からチャレンジしましょう。

計画的に歩みをすすめることが大事です。

ステップを計画的に踏んでいかないと、自分の目標達成は見えてきません。

転職活動の時期から、成り行きという漠然とした捉え方を捨て、自分なりの計画を立てることです。

プロからアドバイスをもらえることもあるため、その計画表を持参して転職の面談に臨む人もいます。

目標に向けて計画的に進めるための参考になる記事ご紹介します>>できる人が立てる目標・計画はここが違う!