施工管理はどんな仕事?転職を考えているなら資格の有無はとても重要です。実務の難易度なども含めた施工管理の仕事内容についてお話します。
Show MenuHide Menu

Category Archives: 施工管理の将来性

施工管理の将来性はどうでしょう?将来性があるなら転職したいです

2017年12月1日

施工管理技士の需要は、戦後から高度経済成長期に行なった環境整備のインフラ修復までを含めると、ほぼ永久的に現場があります。

転職に際しての道筋をお話ししましょう。

■インフラ設備を含めると現場は無数。

日本国内における環境インフラは、土木施工、建築施工の分野をはじめ、耐久年数を超過した管工事施工に関連した施工などを含めると膨大な数の案件があります。

施工管理技士は慢性的な人材不足にあり、その意味では長きにわたって安定的な職業です。

一般的には30才までの転職と言われていますが、もっと早い年齢での転職であれば将来的な生活設計も立てやすいです。

■資格取得を念頭にした転職を。

転職に際しては施工管理技士2級の資格取得、1級の資格取得を念頭においておく必要があります。

2級の資格では現場に立って監督としての職務には就けません。

あくまでも1級の資格をもつ施工管理技士の補佐役という形になります。

転職後に2級・1級と取得していって、いずれは自分が施工管理技士として現場を仕切るようにするのが理想的です。

■施工管理技士の資格取得は焦る必要はありません。

まずは転職を果たし、その後に会社と話し合いながらプランを立てても良いでしょう。

施工管理技士の資格がなければ転職活動は不利になりますが、将来性のある安定した職業なのでがまん強く歩みをすすめましょう。

20代半ばなら、じっくり構えても十分道は開けます。

自分の歩むべき分野を決め、面談をしていけば転職は叶います。